贈答用ギフトを贈る際ののし紙について

松阪牛を贈答用ギフトにする際に、のし紙をつけるでしょう。

のし紙にも色々種類があり、意味合いも色々です。

ここではのし紙の基礎知識をご紹介いたしましょう。

まず名前の書き方ですが、送り主の名前を結び目の下に書きます。

名字だけでもいいですし、フルネームでもOKです。

もし連名の場合は、目上の方の名前を中央に書き、そこから左へ3名まで連ねて書きます。

もし人数が多い場合は、代表者の名前のみ書き、その隣に「外一同」と小さく書き、中包みに他の人の名前を書きます。

もし、住所や会社名をさらに付け加えたいなら、名前の右側に小さく書きます。

次に結び目の勉強です。

結びには、「蝶結び」と「結び切」があります。

お祝いには「蝶結び」です。

意味は「ほどけやすい、また結びやすい」ということで何回あってもいいお祝い事のときに使います。

例えば、お正月、お中元、お歳暮、贈り物、陣中見舞い、誕生祝い、新築祝い、受賞祝いなどです。

「結び切」は「かたく結ばれればほどけることがない、二度と結びなおされることがない」という意味で、一度きりでよい時に使います。

例えば、結婚祝い、結婚式の引き出物、お見舞いのお返しなどです。

このときは赤い結び切を使います。

黒い結び切は、葬儀や法要、また葬式のお礼などのときに使います。

以上がのし紙の基礎知識です。

松阪牛の場合、一般的にお祝いのときなどにギフトとして使われることが多いようです。

誕生日祝いとか、会社のイベントの景品などです。

それで赤い蝶結びののし紙が一般的でしょう。